NEWS:最新情報をお届けします

統合生体医療工学研究室が目指す4つの目標

  • 医工連携の拠点

    理工系研究者と医学系研究者が密接に連携した医工連携による研究体制を構築する。 日大医学部だけでなく福島県立医大や南東北病院など近隣の医療機関と連携しながら医療機器の研究開発を行う。

  • 産学連携の拠点

    企業との産学連携研究は、実用化を推進するだけでなく、新しい技術を導入する上でも重要である。平成25年度より「産学連携研究室制度」がはじまり、ローム㈱や福島県内企業が参加ししている。

  • 臨床工学技士の教育

    平成25年度より臨床工学技士課程が始まった。本研究室は、臨床工学技士課程の中心的役割を果たしている。

  • 震災復興支援

    ストレスに関する研究成果を震災による高齢者や子供達の心のケアに活用し、元気で健康な福島を取り戻す。さらに、県外企業と県内企業の連携による医療機器開発を促進し、福島の経済復興に寄与する。